[ホラー]地獄のグリム童話・ラプンツェル

第68回配本
ホラー漫画画像andro1024-500_20110717223846.jpg

地獄のグリム童話・ラプンツェル


ホラー漫画画像sample388-560-01_20110717223845.jpgホラー漫画画像sample388-560-02_20110717223845.jpgホラー漫画画像sample388-560-03_20110717223844.jpgホラー漫画画像sample388-560-04_20110717223844.jpg
Grimm From Heeeeeeeeeell! Tangled!
孤独な魔女は家族がほしい。そこでチシャという魔法草と引き換えに、薬物中毒の家族から娘を貰ってくる。家族ができた魔女は喜び娘をとてもかわいがるが、娘は魔女を憎み続ける。
娘はたいへんな美女に成長する。しかし、人を奪ってきても家族はできない、という当たり前な事に今更、気付き、がくぜんとする魔女。激しい孤独感にかられる。そこに勇敢な旅の王子がやってくる。
Horror Comic!
ジャンル:ホラー漫画
著者:神田森莉
発行:ハムスター商事(Hamster Books)

ホラー漫画画像001_20110717224801.jpg
ホラー漫画画像002_20110717224801.jpg
ホラー漫画画像003_20110717224800.jpg
ホラー漫画画像004_20110717224800.jpg


創作ブログランキングに登録しています。 クリックが励みなりますので宜しくお願いします。

神田森莉の本

死骨

死骨

今から40億年前。ペルセウス人たちの宇宙船が故障し地球に不時着した。ペルセウス人は夢と現実のあいだを行き来する不思議な文明を築いていた。彼らは「感情波」と呼ばれる「人間」の感情の動きをエネルギー化して利用していた。そのバッテリーがゼロになってしまったのだ。

彼らはこの地球に文明が生まれ、たくさんの「感情波」があふれる日を待つしかなかった。いくら長寿のペルセウス人でも40億年は長すぎた。彼らはいつしか歪んだ心を持ち始め、人類の歴史に様々な恐怖を与えるようになっていた。より多くの「感情波」が放出されるように。

ホラー漫画家、神田森莉の長編SF小説。

くまちゃんウィルス1

くまちゃんウイルス(1)

人の良いくまちゃんが世知辛い世間に翻弄されてダメになっていく姿を描きます。しっかりしてください。


リンク