[ホラー]アタック オブ ザ キラーハムスター

第64回配本
ホラー漫画画像andro1024-500_20110717162939.jpg

アタック オブ ザ キラーハムスター


ホラー漫画画像ホラー漫画画像ホラー漫画画像ホラー漫画画像
ハムスターは、しっぽが短い
のはなぜか?!

理代子はハムスターばかりたくさん飼っている気持ち悪い少女をいじめ殺した。ところがその日からハムスタ−たちの非情な復讐が始まった!
このハムスターらのずる賢い事、まったく驚くべき話である。なんと、中の一匹は、理代子たちのお弁当の中に、オカズのフリをして隠れていた。油断して食い殺されるいじめっこ!
さらに別なハムは、なんとバナナの中に隠れていた!食べようとバナナの皮をむいたいじめっこは、当たり前だが驚愕した!ふいをつかれたので、彼女も食い殺されてしまう。
仲間が次々と殺され、おびえた理代子は猫を飼った!
ジャンル:Horror Comic
著者:神田森莉
発行:ハムスター商事(Hamster Books)

ホラー漫画画像001_20110717163849.jpg
ホラー漫画画像002_20110717163849.jpg
ホラー漫画画像003_20110717163848.jpg
ホラー漫画画像004_20110717163848.jpg


創作ブログランキングに登録しています。 クリックが励みなりますので宜しくお願いします。

神田森莉の本

死骨

死骨

今から40億年前。ペルセウス人たちの宇宙船が故障し地球に不時着した。ペルセウス人は夢と現実のあいだを行き来する不思議な文明を築いていた。彼らは「感情波」と呼ばれる「人間」の感情の動きをエネルギー化して利用していた。そのバッテリーがゼロになってしまったのだ。

彼らはこの地球に文明が生まれ、たくさんの「感情波」があふれる日を待つしかなかった。いくら長寿のペルセウス人でも40億年は長すぎた。彼らはいつしか歪んだ心を持ち始め、人類の歴史に様々な恐怖を与えるようになっていた。より多くの「感情波」が放出されるように。

ホラー漫画家、神田森莉の長編SF小説。

くまちゃんウィルス1

くまちゃんウイルス(1)

人の良いくまちゃんが世知辛い世間に翻弄されてダメになっていく姿を描きます。しっかりしてください。


リンク