[ヒトデ男の恐怖]

~お前も同じ姿にしてやる~
ウルトラ忍者に言われて、不遇な親子、中島ルルと娘のグミは『ラーメン珍長』にやってきた。ちょっとのことでは驚かない冷血鬼の珍保長太郎も、これには目を丸くした。
母親が、娘のつばの広い帽子を脱が ...

[ヒトデ男の恐怖]

~ヘブン・アンド・ヘル~
大家の二階。ヒトデ男の巣。二人の小学生、デブとキチガイはおびえていた。時々、ヒトデ男が入ってきて十個の目で二人を見て、舌なめずりをしては出て行く。保存用食料だが、おいしそうな若肉なので、だいじに取って ...

[ヒトデ男の恐怖]

~暑い国から帰ってきたスパイ~
モヤシは目を覚ました。
「ここはどこだろうか?」
だんだんと記憶がよみがえってきた。ヒトデ男に追われて庭に逃げ込んだ時に、穴に落ちたのだ。たぶん古井戸ではないか……。上を見ると穴 ...

[ヒトデ男の恐怖]

~最後の晩餐~
こうした調子で門前は、ボランティアで地域の見回りを続けた。あんがい、評判が良い。そのうち、名声が広まっていった。忍者がなんとか……、と言い出すのはよくわからないが、正義感のある篤志の人であると。
翌日は ...

[ヒトデ男の恐怖]

~当たらずとも、遠からず~
門前正月は、さっそうとパトロールを続けていた。先日、悪役プロレスラーに襲われていたキャバクラ嬢を救って以来、地域のパトロールが日課になってしまったのである。身体も心も調子も良い。ウルトラ忍者を演じて ...

[ヒトデ男の恐怖]

~不老不死の薬~
ウルトラこと、元俳優の門前正月は機嫌がよかった。
「店長! このウルトラーメンはまったく素晴らしいですね! 宇宙の歴史で一、二を争う、うまさですよ! 私はこれに出会って人生が変わりました。今までは、な ...

[ヒトデ男の恐怖]

~ヒトデ男の恐怖~
獲物が手に入らないところに行ったことを知ったヒトデ男は、赤堤沼に戻って行った。月の光が雲にさえぎられて届かなくなると、セルロイド人形の子供たちは、ただの人形に戻って行った。陽気なタヌキの楽隊は野生動物に戻り ...

[ヒトデ男の恐怖]

~月夜に踊るセルロイドの人形~
「ぐわああああああああああッ!」
「なんだ、こりゃ!」
「どうして俺たちの名前が書いてんだ?」
ホラー探偵団の子供たちは恐怖にかられ、パニックに陥った。
モヤシが ...

[ヒトデ男の恐怖]

~川口浩探検隊ではない~
元、極悪レスラー三船龍太郎はドブのような沼の中で息を吹き返した。脳震盪だ。現役時代はなんどもやっていた。毎日、頭を強打する生活を送っていたので、気絶するくせがついてしまったのだ。職業病というには、忌ま ...