[空手対幽霊]

〜ボクの青春、腐ってる〜
次に気がついた時、田中は自分の部屋でコンピューターに向かって仕事をしていた。さすがに田中は驚いた。
「記憶が飛ぶというやつか」
激しい試合をする格闘家には、たまにある症状だった。本人は ...

[空手対幽霊]

〜血の制裁〜
その日の鉄玉郎の道場では、血の制裁が行われた。主に狙われたのは、門下生のメガネオタクで、自称ウェブ・クリエーターの田中康司だった。
顔に汚らしいぶつぶつがいっぱいある男だ。そのいくつかからは、いつも膿が吹 ...

[空手対幽霊]

〜この腐れ公安め〜
今日は鉄拳会館の練習の日である。鉄拳会館のような弱小の空手流派では、自前の道場を持つなんてことは、夢のまた夢だ。
鉄拳会館は武蔵野市北町にある、武蔵野市学習センターという施設の、第二集会室を借りて、 ...

[空手対幽霊]

〜空手地獄変〜
「こりゃあ、気味悪い家っスねえッ! 鉄玉郎さんッ!」
愚か者が集団でやってきた。すっとんきょうな声を上げたのは、ホストクラブで働いている、源氏名が如月星夜という、髪の長い軽薄な男。おどけている。自分を『 ...