【怪奇小説】ウンコキラー〜地獄ラーメン〜

〜地獄ラーメン〜
ラーメン珍長。
ミザリーこと神保千穂は、いつも老人ホームから電話で出前を頼むだけだったので、店に来たのは、これが初めてだった。不潔で汚い。酸化した豚の脂の匂いがひどい。吐き気がしてきた。頭のおかしい異常者が住むにはちょうど良い場所だ。
もし、一度でも店の中を覗いていたならば、けっしてこんな店などに出前を頼むことはなかったことだろう。店内の様子から店長の異常性に気がついて、近寄るのはやめていたかもしれない。
ミザリーは、もし生きて帰れたならば、二度とこの店に出前を注文するのはやめよう、と心に誓った。もしも、生きて帰ることがあればだが……。
ああ、私の命はここで終わってしまうのか……。ミザリーは悲しくなって考えた。
気のふれたラーメン屋はさっきからなにやら鍋を煮立てていた。好奇心に駆られてミザリーが覗き込むと、ラーメンを作っていた。よく出前で取っていた、ラーメン珍長のまずいラーメンだった。今日は醤油味のようだ。
珍保長太郎はできた熱々のラーメンをドンブリに入れた。
「熱すぎる地獄ラーメン!」
男は煮立ったラーメンを、ミザリーの頭の上にとつぜんかけた。
「熱いッ! 熱いッ! ギャーーーーーーーーーッ! 熱いッ!」
ミザリーは絶叫して暴れた。そのひょうしに猿轡がはずれた。顔面が大やけどして焼けただれた。やけどの単位でいうと『3度熱傷』というところである。
「さあ、自分がウンコキラーだと認めるんだッ!  血も涙もない気の狂った殺人鬼めッ! すべての罪を自白しろッ!」
珍保長太郎はポケットからICレコーダーを出して、ミザリーに見せた。
「おそらく、あなたは心の治療が必要な反社会的な人格障害者なんだろう……。俺は同情しているぞ。悪いのは病気……本人ではない」
強面だが心は優しい良い人、と自分のことをイメージして、自己陶酔する珍保長太郎。うっとりとした顔をしている。口の端からは、よだれが垂れていた。
「キチガイッ! 完全なキチガイにキチガイ呼ばわりされるなんてッ! キチガイはお前の方だッ!」
「なにッ!?」
本当のことを言われて、珍保長太郎の脳みそのリミッターが壊れた。このクソババアッ! 命だけは助けてやろうと思っていたが、これで決まった。完全に殺すッ! 100%殺すッ!
「地獄ラーメンを食えっ! 食って地獄に行けッ!」
珍保長太郎は中身が少し残っているラーメンドンブリを、ミザリーの顔面に叩きつけた。何度も……、何度も……。分厚くてじょうぶなドンブリなので、人の顔面くらいでは、なかなか割れなかった。
ゴズッ! ゴズッ! ゴズッ! ゴズッ! ゴズッ! ゴズッ! ゴズッ! ゴズッ! ゴズッ! ゴズッ! ゴズッ! ゴズッ! ゴズッ!
村の鍛冶屋のように叩きつけ続ける珍保長太郎。哀れなミザリーは折れた歯を口から吐き出したあとは、動かなくなった。もう悲鳴も出ない。ぴくぴくとイモムシのように痙攣している。
バキッ!
珍保長太郎が気合いのこもった一撃を入れると、ついにじょうぶなドンブリにヒビが入って割れた。やった! がんばったかいがあった。珍保長太郎は達成感を胸に、割れた破片を持って、その鋭角な角をミザリーの顔面を叩きつける作業を、もくもくと続けた。
ドピューッ!
珍保長太郎の白いスラックスの中で、勃起したチンポコの先から、中学生のような大量の精液が吹き出した。気がつくと、ミザリーはとっくに息をしていなかった。ミンチのようになった顔面を見下ろして、珍保長太郎は原始人のように雄叫びをあげた。
「正義は、なされたりッ!」
あまりにも声が大きいので、店のドアのちゃちな作りのガラスが震えて割れた。

あらすじ
代田橋でウンコを口に詰めて殺す『ウンコキラー』による連続殺人が起きていた。犯人だと疑われたラーメン屋店主、珍保長太郎は真犯人を見つけるべく、孤独な戦いを始めた!
登場人物
珍保長太郎 :『ラーメン珍長』店主
バカ :新実大介
刑事青赤:
刑事青、青田剛
刑事赤、赤井達也
ミザリー、神保千穂
キャリー、小杉浩子
死にかけ老人、大山田統一郎

小説ブログランキング

ランキングに登録しています。

クリックが励みなりますので宜しくお願いします。

神田森莉の本

各書店で販売中です