[空手対幽霊]

〜完全なキチガイ〜
「ぎゃあああああぎゃあああああぎゃあああああああああああッ!」
男は絶望の叫び声を上げる女の、長い髪の毛を鷲掴みにし、元気よく引きずり起こした。べりッ! べりッ! という小気味良い音とともに、女の髪 ...

[空手対幽霊]

〜死出虫〜
何十年も手入れのされていない、荒れ果てた庭に、一番乗りしていたのは、クロシデムシの幼虫だった。林の中から、人間には聞こえない周波数を感じ、集まってきた。黒光りのする節のある腹を波立たせながら、早く死体の処理をしたい ...

[空手対幽霊]

〜カッター・ファック〜
男はふいに黙り動きを止めた。数十秒後にゆっくりと頭を上げ、緊張した面持ちで中空を睨む。
「ふう……」
突然、男の空気が変わった。なぜか男は改心したかのように、ため息をついた。今やっている ...

[空手対幽霊]

〜巣〜
その後、バブル景気が弾け、女子大生の価値は下がり、憂鬱な長い不況が日本列島を覆った。周囲に疎らな住宅しかなかった、この広い敷地を持つ空き家も、今では新興住宅地のど真ん中にあった。
経済はやがて、不況のどん底から ...

[空手対幽霊]

〜空手地獄変〜
「こりゃあ、気味悪い家っスねえッ! 鉄玉郎さんッ!」
愚か者が集団でやってきた。すっとんきょうな声を上げたのは、ホストクラブで働いている、源氏名が如月星夜という、髪の長い軽薄な男。おどけている。自分を『 ...

[空手対幽霊]

〜笑うミイラ〜
敵中横断三千里ッ!
彼らは日本人らしく勇ましく愚かな閧の声を上げながら、広い陰気な庭を駆け抜け、玄関のドアの前に来た。厚そうな樫の木のドアだった。今なら、このドアを作るとなると、けっこうな値段になるに違 ...

[空手対幽霊]

〜トンカツ〜
堀江はトンカツが好きだった。
ああ、我が心のトンカツよ……。
トンカツはうまい。
と堀江はトンカツを食いながら思う。
今日もトンカツ。
明日もトンカツ。
トンカツは ...

[空手対幽霊]

〜修羅場の忘年会〜
あれはバイト先の飲み会だった。去年の忘年会。堀江はレンタルDVDの店で働いていた。
デブというものは体臭が臭いし、そこに存在しているだけで不愉快になる。それは仕方がない。デブはデブだ。しかし、この職 ...

[空手対幽霊]

〜パンツに大便のついた女〜
午後11時45分、パンツに大便のついた女は堀江の部屋にやってきて、パンツを脱いだ。もちろん、ウンコの臭いがした。堀江もエビチリソースで顔がべたべたしてるんだから、二人で風呂に入って——豚のくせに風呂 ...

[空手対幽霊]

〜人権だから死ね〜
「情けない……」
何度思い返しても情けなかった。悲しみに胸が張り裂けそうになり、堀江はトランクスの端から顔をだしているチンチンを握りしめた。硬くなってきた。
情けないが、この時の回想以上のオ ...