[空手対幽霊]

〜変態という障害〜
吹き荒れる強烈な嵐の中に、田中は立っていた。チンチンもニョッキリと勃っていた。
そうだッ!
射精さえしてしまえば、このばりばりに硬くなった黒ネズミは、大人しくなるに違いないッ!
と田 ...

[空手対幽霊]

〜あなたも幸せになれる〜
さて、しごいて帰るか。
ここに長居しすぎた。
田中は自分を、いつもなにをやるにしても、最後は必ず失敗する人間だと考えていた。それを防ぐには、失敗する前に切り上げて帰れば良いのだ。これが ...

[空手対幽霊]

〜神は時には極めて悪魔的〜
時間はすでに深夜一時。散歩=覗きを始めて、二時間近くが経過していた。身体はかなり疲れた。しかし、精子袋は田中を歩かせ続けた。断じて許してくれなかった。非情で無慈悲。股間でサタンが笑っていた。今夜は満 ...

[空手対幽霊]

〜女子高生のひき肉〜
結衣が成績の悪い女子高生だった頃——十年後にまだ制服を着ているとは思わなかったが——よく一緒に遊んでいたのが、ミサエという女だった。
ミサエはバカだった。結衣も負けじとバカだった。バカはバカを磁石 ...

[空手対幽霊]

〜モヘンジョダロ〜
イメクラの控え室で、鉄拳会館門下生である結衣は、煎餅をばりばり食いながら、低俗なレディスコミックを読み耽っていた。どろどろとした嫁姑もの。風俗嬢はなぜか嫁姑ものが好きだ。
控え室は六畳ほどの部屋で、 ...