イラスト

Thumbnail of post image 183

リキテックスで着色しました。この牧歌的な感じはなんでしょうか。アンリ・ルソーのようになってきました。

DSC_0692

歯医者に置いてあってもいい。

イラスト

Thumbnail of post image 023

業務スーパーで豆腐を買いました。

ヒトデ男の恐怖

Thumbnail of post image 068

~お前も目を見えなくしてやる~
勢いよく『ラーメン珍長』を飛び出していった、中島ルルとグミの不遇な母娘。水銀ラーメンを食ったせいで、身体の中が原子力発電所のように熱く燃えている。
「どこだ……! バカ夫はどこだ……!」 ...

ヒトデ男の恐怖

Thumbnail of post image 014

~夜の行灯~
代田橋駅前。汚いラーメン屋『珍長』。
珍保長太郎はいらついていた。殺した大家の死体が気になる。押入れの中に押し込んできたので、近所付き合いもなさそうだし、急には見つかることはないだろう。
しかし、 ...

ヒトデ男の恐怖

Thumbnail of post image 044

~昼の行灯~
弱虫探偵団の子らには、河童などはいるわけがない!と偉そうに断言したものの、珍保長太郎はその話が気になって仕方がなかった。念のために、翌日の昼間、出前の帰りに赤堤沼を見に行くことにした。
「ぐわっ!」

ウンコキラー

〜地獄から出前に来ました〜
夜の10時。老人ホーム天国の門。大阪の漫才師のような頭の下品な女、ミザリーこと神保千穂が出てくる。
「オホホホッ! 今日も臭くて汚い老人どもを、影でいびって楽しかったわッ!」
勝ち誇 ...

青虫ラーメン

〜死ぬ時は誰でもひとり〜
翌朝。豚野餌吉の頭の霊は消えていた。
珍保長太郎はそれから、ちょいと所用で練馬区に出かけてもどってきた。
「幸先の良いスタートだ。もし、目が覚めた時に豚野餌吉がまだチンポをくわえていた ...

青虫ラーメン

〜俺が正義だ〜
神々も自殺するような陰気な夜。尿が近い珍保長太郎は、いつものように数時間寝たところで、尿意で目が覚めてトイレに向かった。
「今日も一人も客が来なかった……。金がない。まことに、金がないことである」

青虫ラーメン

〜イエス・キリストが恐れなす〜
翌朝、珍保長太郎はもうろうとした頭で目を覚ました。低血圧である。あたりまえである。すこし前に出血多量で死にかけた人間から血を吸うとはなにごとだ。血を吸う巨乳め。
珍保長太郎は怒りでわなわ ...

空手対幽霊

〜神は時には極めて悪魔的〜
時間はすでに深夜一時。散歩=覗きを始めて、二時間近くが経過していた。身体はかなり疲れた。しかし、精子袋は田中を歩かせ続けた。断じて許してくれなかった。非情で無慈悲。股間でサタンが笑っていた。今夜は満 ...