[ヒトデ男の恐怖]

~お前も同じ姿にしてやる~
ウルトラ忍者に言われて、不遇な親子、中島ルルと娘のグミは『ラーメン珍長』にやってきた。ちょっとのことでは驚かない冷血鬼の珍保長太郎も、これには目を丸くした。
母親が、娘のつばの広い帽子を脱が ...

[ヒトデ男の恐怖]

~川口浩探検隊ではない~
元、極悪レスラー三船龍太郎はドブのような沼の中で息を吹き返した。脳震盪だ。現役時代はなんどもやっていた。毎日、頭を強打する生活を送っていたので、気絶するくせがついてしまったのだ。職業病というには、忌ま ...

[空手対幽霊]

〜幽霊 対 空手〜
鉄玉郎は振り返り、女ミイラのいた場所を見た。
床の上に文字が書かれていた。
ウェルカム
断定はできないが、女ミイラの粉が集まって、文字を構成しているようだった。ダニの集合体ではないよ ...

[空手対幽霊]

〜血の袋〜
そこに携帯電話がかかってきた。敬愛する鉄玉郎さんかと思って、如月が出ると馴染みの客の女だった。ホストクラブの早朝営業の前に、如月と食事をしようという誘いである。ちょうど良いので、如月は女をこの駐車場に呼んだ。それか ...

[空手対幽霊]

〜人間の刺身〜
飯塚の心配そうな顔を見て、如月は心の底からこの気の弱い中年を軽蔑した。飯塚の気が変わらないうちに、如月は行動に出ることにした。
ちょいと店に戻り、厨房から刺身包丁を手に帰ってきた。ホストクラブ『江戸男』 ...

[空手対幽霊]

〜トンカツ〜
堀江はトンカツが好きだった。
ああ、我が心のトンカツよ……。
トンカツはうまい。
と堀江はトンカツを食いながら思う。
今日もトンカツ。
明日もトンカツ。
トンカツは ...

[空手対幽霊]

〜巣〜
その後、バブル景気が弾け、女子大生の価値は下がり、憂鬱な長い不況が日本列島を覆った。周囲に疎らな住宅しかなかった、この広い敷地を持つ空き家も、今では新興住宅地のど真ん中にあった。
経済はやがて、不況のどん底から ...

[空手対幽霊]

〜死出虫〜
何十年も手入れのされていない、荒れ果てた庭に、一番乗りしていたのは、クロシデムシの幼虫だった。林の中から、人間には聞こえない周波数を感じ、集まってきた。黒光りのする節のある腹を波立たせながら、早く死体の処理をしたい ...