【怪奇小説】空手対幽霊〜ボクの精液は美しい〜

〜ボクの精液は美しい〜
というわけで、今日も田中はアパートの、敷地内に入らないと思われるぎりぎりの場所に立ち、部屋の中の秘密めいた声に耳をすませていた。
「うふふふ……ああん……うふふふ」
今にもばこばこと犬のようにやりそうな、媚びた女の甘えた声が聞こえてくる。
行けるッ!
行けるぞッ!
やれッ!
入れろ入れろッ!
……しかし。
「それじゃあ、おやすみ」
ガチャ。
女の声が止まった。がく然とする田中。電話だったのだ。硬くなったチンチンの根元の袋の中の精液が行き場を失い、田中はこの場でニョッキリを出して、闇雲にしごいて即効で射精してしまいたい欲求にかられた。
サタンの誘惑だ。
ああ……神よ。
田中はチャックを下げる寸前で踏み止まり、ズボンの上から逸物を強く握りしめて我慢した。
「せめて、女の声が聞こえているうちに、出しておけば良かった」
田中は後悔した。ボクの人生、後悔ばかりだ……。だめなボク。
もしここに、泥酔してあとで記憶がぜんぶなくなっているような状態の、ミニスカートの女が通りかかったら、確実に襲いかかってるだろう、と田中は思った。
抱きついて女の乳を揉みながら——今まで一度も揉んだことはないので、どんな感触かはわからないが——ニョッキリをズボンから出して激しくしごき、十秒で女の身体の上に射精ッ!
田中は、自分が一線を越えて、犯罪者の領域に入ろうとしていることに気付き、深くおびえた。そして、再び神に祈った。今度は神は聞いてくれなかった。たぶん韓国語の祈りでなくては、聞いてくれないのだろう。一時的に神の存在を見失い、田中は狂気の辺境を彷徨った。
「射精がしたい……」
田中の頭の中は、精液を発射する快感を求めることで満杯になっていた。動物の本能に支配されていた。
「ああ、出したい……。出したくてたまらない……」
こういう状態になったら、田中は自分を律することができない。田中は冷凍サンマのように硬直し、よだれを流した。目が欲望で赤く血走っている。
田中は鉄玉郎のような鬼畜に比べると、まったくもって無害な人間に見えるが、実はじゅうぶんな犯罪者の資質をもっていたのである。
最初から収穫がゼロだったならば、問題はなかった。
『今日は良い運動をしてしまった』
と苦笑をしながら家に帰り、オナニーの一回でもして寝ればいい。
だが、今日は……。女の媚声がトリガーとなり田中の中の性欲スイッチが入ってしまった。
「だって、本能だもの。ボクは悪くないでちゅう」
田中は小声でぶつぶつ言った。こいつ、気持ち悪い。
「射精したい……。射精したい……。女を覗きながら、射精をしたい……」
田中は息を荒くし、真っ赤になっていた。完全に発情している。不潔な汗の臭いが漂う。
今夜のクルージングは長くなりそうだ。田中は覚悟した。まあ、運動になるので、健康には良いだろう。
田中は場所を移動し、定点観測を続けた。チンチンの先がぬるぬるになっており、早く射精したかった。こうなると、ほんの僅かでも収穫があるまでは、止めることができない。淫乱な女子大生がヤリまくってるのが、毎晩覗けてウハウハ……なんていう都合の良い場所があるわけがない。
小心な田中が好むのは、通行人や警察に邪魔される心配のない場所だ。安全第一。うっかり、捕まって前科一犯になってしまったら大変だ。普通の社会での集団生活さえ、満足にできない田中である。もし刑務所のような荒くれ者ばかりの場所に入れられたら、いったいどうなることか。
それだけは、断じて避けなくてはならないッ!
ボクは弱虫なのだ。
そのためには、危険を犯すようなリスキーな場所で覗きをしないことが一番である。しかし、当然ながらそうなると、なかなかエロい場面に遭遇することは難しい。
……というか、実はほとんどなかった!
『覗き』といいながら、実態は健康的なただの深夜の長時間散歩だったのである!
ああ、なんと健全なことか。その間、ずっとチンチンをズボンの上から、握っていることを別とすれば。
空手もやってるし、覗きでウォーキングもしているので、ますます健康になってしまう。健康になれば、性欲も高まる。これ、当たり前のこと。精液がたくさん生産されて、玉の袋に溜まる。ぱんぱんに玉袋が膨らむ。精子風船のようだ。
海を越えて、北朝鮮にザーメンの雨を降らしてやる。ボクは歩く精子袋のようなものだ。むしろ、精子袋にボクは歩かされていると言って良い。それが人生だ。
「ああ、韓国の神様。ボクは他者の意思に操られているのです。いつか、犯罪者になってしまいそうで怖いです」
そんなことを考えながら、田中康司(二十九歳・薄くて黒い)は、夜の住宅街の中を彷徨っていた。


あらすじ
空手家の黒岩鉄玉郎は弟子と肝試しに廃屋に入る。そこで見つけたのは、女のミイラ。それは異常な変質者にレイプ殺人されてしまった女子大生だった。ところが黒岩鉄玉郎は、女ミイラを空手で粉砕する。激怒した女ミイラの悪霊は、彼らを呪い殺していく。空手対幽霊という物理的に不可能な戦いが始まった!
登場人物
黒岩鉄玉郎 : 空手家
如月星夜 : ホスト
田中康司 : 糞オタク
堀江 : デブ
結衣 : 風俗嬢
女子大生 : 被害者
青田寧男 : 新宿署刑事


創作ブログランキングに登録しています。 クリックが励みなりますので宜しくお願いします。

神田森莉の本

死骨

死骨

今から40億年前。ペルセウス人たちの宇宙船が故障し地球に不時着した。ペルセウス人は夢と現実のあいだを行き来する不思議な文明を築いていた。彼らは「感情波」と呼ばれる「人間」の感情の動きをエネルギー化して利用していた。そのバッテリーがゼロになってしまったのだ。

彼らはこの地球に文明が生まれ、たくさんの「感情波」があふれる日を待つしかなかった。いくら長寿のペルセウス人でも40億年は長すぎた。彼らはいつしか歪んだ心を持ち始め、人類の歴史に様々な恐怖を与えるようになっていた。より多くの「感情波」が放出されるように。

ホラー漫画家、神田森莉の長編SF小説。

くまちゃんウィルス1

くまちゃんウイルス(1)

人の良いくまちゃんが世知辛い世間に翻弄されてダメになっていく姿を描きます。しっかりしてください。


リンク